当店の
和紙について

和紙といえば、
さくらほりきり

品質と価格と豊富な種類に自信アリです!


友禅和紙(ゆうぜんわし)

友禅とは布に模様を付ける技法のひとつで、型紙を用いて部分染めする日本の代表的な染色法です。これらの伝統的染色美を和紙に表現したのが友禅和紙です。全体が柄になっている友禅紙は総柄友禅と呼ばれます。
鮮やかな色合いと金や銀の光沢感に加え、しっかりとした厚みもあり、高級感あふれる和紙で海外の方にも人気です。


板締和紙(いたじめわし)

紙をいろいろな形にたたみ両面から板を当てて強く縛り、染色したものが板締紙です。紙のたたみ方、板の形によっていろいろな幾何学文様を染め上げることができます。
不規則に和紙に滲んだぼかしには独特の美しさがあります。


雲竜紙(うんりゅうし)

和紙を漉く段階で、長めの繊維を入れて雲のような模様を表現した紙を雲竜紙と呼びます。大典紙、筋入り紙と呼ばれることもあります。
雲龍紙は、紙の風合いから和の商品の包装や掛け紙・巻紙などとしてよく利用されています。


民芸紙(みんげいし)

民芸紙は単色で染められたもので、和紙本来の肌触りの良さとしなやかさを感じられます。ちぎり絵・包装紙・和紙人形など、さまざまな用途でご使用いただけます。
赤・黒・黄色・ピンク・水色など、多彩な色があるもの特徴的です。


鎌倉彫風和紙(かまくらぼりふうわし)

木の質感と彫りの陰影が特徴的な彫刻漆器・鎌倉彫を模した和紙です。黒地に赤の絵柄が浮かび上がり、とても立体感があります。一見和紙とは思えない凹凸が特徴的な高級和紙です。


その他にも、ちりめん友禅紙/総柄和紙/大礼紙/楮紙/もみかつら/梨地など、多種多様な和紙をお取り扱いしております。お探しの和紙がございましたら、ぜひ一度当店へお問い合わせください。